Top > 株式投資 > よくある間違い

よくある間違い

よくあるはじめたばかりの人向けのFX取引の書籍では「損が生まれた状況ではナンピン買いをしてポジションの買い付け価格を下げることができる」などとアドバイスしていると思いますが、正直に言うとナンピンには相当大きな危険性があると思います。

 

まずはじめに、ナンピン買いの原理に関してごく簡単に述べておきます。

 

例として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いのため、円安ドル高に推移するほど黒字を得られますが、1ドルが95円まで円高ドル安が進んだとします。

 

そのままの状態で保持し続けたとしたら、損がなくなるまでには、円高になった分、円安ドル高に動く必要があります。

 

みんな、損は可能な限り早く無くしたいと願うでしょう。

 

これを解決するため最初に取引したのと同じ分の$(ドル)を1ドルを95円でエントリーします。

 

それによって、ポジション全体のコストは97円50銭まで抑える事が出来ます。

 

2.50円の幅で円安ドル高が進行すれば赤字を回復できる。

 

これが、ナンピンの原理です。

 

ナンピン買いのロジックを目にすると「ごもっとも」と考えたりするが、マーケットはそう容易には問屋を卸しません。

 

もとより、95円が下限だとということなど分かるわけがありません。

 

相場が相当に強いドル安傾向だとすると95円では収まることなく、更に一段の円高ドル安にいくリスクがあります。

 

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピンをした場合に1ドル95円まで円高ドル安になったら、ナンピン買いしたポジションにも、赤字が生じます。

 

その状況では、初めに持ったポジションとトータルでより大きな損が生まれます。

 

例示したとおり、ナンピンは大変です。

 

であるなら、為替が筋書きとは逆向きに素早く行ってしまった場合、いかなる対応で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

 

こういう場合には選択できる選択肢は2つ。

 

まずはじめは観念して、ポジションを諦める事です。

 

もうひとつの方法としてはその時に、あなたが保有している買いポジションを小さくする事でもう一度為替が元のようになるのをじっと待つ事です。

 

かなり控えめな対策だと言う方もいるでしょう。

 

だがしかし、所有しているポジションに差損が生じた場合リスクが低い手法はこの他にはありません。

 

言うまでも無く、考え方としては、ナンピン買いをしてみる手段もありえます。

 

しかしながらナンピン買いは、自分が損失を出している場面で、ポジションを整理するどころかそれとは逆に買いポジションを増やしていく考え方です。

 

この手法では、リスクを避けることなどやりようがないと考えたほうがいいです。

 

ナンピン買いを続ければいつの日にかマイナスがプラスになるかもしれません。

 

しかし、それより前にお金は無くなってしまいます。

 

株式投資

関連エントリー
よくある間違いテスト